リフトアップ施術やフェイスリフト・フェイスアップ手術でお肌にハリを

たるみの原因

年齢とともに、フェイスラインのたるみが気になってくるという人は多いものです。
では、なぜそのような現象が起きてしまうのでしょうか。
その原因は、肌の内部で生成されるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していくことが関係しています。
特に、皮膚の内部の真皮層にある弾性繊維が弱まることが大きな原因として考えられます。

弾性繊維とは、皮膚の弾力性を担う線維のことをいいます。
簡単にいえば、皮膚に生じた変形を元に戻す働きをしているのです。
この弾性繊維は、真皮層に網目状に存在しています。この線維を構成しているのがコラーゲンやエラスチンです。
そのため、年齢とともにコラーゲンやエラスチンの生成能力が落ちてくると、この弾性繊維も働きを弱めてしまうのです。
また、睡眠不足や栄養不足、ストレスなどによってもコラーゲンやエラスチンを生成する力は弱まります。
こういった原因によって、皮膚の弾力性が失われ、重力に逆らってピンと張っている力も衰えてしまうのです。

皮膚がたるんできてしまうと、朝起きた時にシーツや枕の跡がくっきり顔についてしまってなかなか取れなくなります。また、皮膚表面を指で押すと肌に指がのめりこむような感じになり、跳ね返す力が感じられない状態になります。
また、見た目にも、皮膚がだるんとして顔全体がくすんでいたり影がついているように見えてしまいます。
このような状態では、若々しさがなく老けた印象を与えてしまうでしょう。
ですから、肌のたるみを感じているのであれば、フェイスアップのためにフェイスリフト施術をうけたり、リフトアップマッサージやリフトアップ化粧品を使用してみましょう。
こういった方法でフェイスアップを行えば、見た目の印象は大きく変わります。